広島 またまた誠也!3試合連続V弾、4点差跳ね返し6連勝

[ 2016年6月19日 16:46 ]

<広・オ>8回無死、左越えに勝ち越しソロを放つ鈴木
Photo By スポニチ

交流戦 広島5―4オリックス

(6月19日 マツダ)
 広島は鈴木の3試合連続となる決勝弾でオリックスを制した。

 4点を追う5回、相手守備の乱れと押し出し四球で2点を返すと、6回には2死二塁から代打・下流水の1号2ランで試合を振り出しに戻した。8回、2試合連続でサヨナラ弾を放っている先頭鈴木が左越えに10号勝ち越しソロを放った。投げては先発・中村恭が3回4失点で降板したが、リリーフ陣が無失点で継投し、チームは6連勝を飾った。

 オリックスは初回、モレルの6号2ランで先制し2回にはディクソンの適時打で4点リードするも、投手陣が粘り切れず逆転負けを喫した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月19日のニュース