青木 マルチ安打で岩隈援護 初体験“怪物”は「気になって…」

[ 2016年6月19日 05:30 ]

<レッドソックス・マリナーズ>6回、右前打を放つ青木(AP)

ア・リーグ マリナーズ8―4レッドソックス

(6月17日 ボストン)
 マリナーズ・青木は3試合ぶり、今季15度目となるマルチ安打で岩隈の6勝目に貢献した。

 4回2死一塁から詰まりながらも、この回4得点の流れを引き寄せる左前打。6回は内角94マイル(約151キロ)を力強く引っ張り、右前打とした。「(投ゴロの)1打席目は良くなかったが、その後はいい形で振れた」と満足げ。フェンウェイ・パーク名物の左翼フェンス、グリーンモンスターの前で初めて守り「後ろが気になって仕方なかった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月19日のニュース