巨人・小山 今季初先発も粘れず…5回途中5失点

[ 2016年6月19日 05:30 ]

<巨・ロ>5回1死二、三塁、小山は角中に3ランを打たれる

交流戦 巨人2―6ロッテ

(6月18日 東京D)
 今季初先発の巨人・小山は、5回途中5失点と粘れず「点を取った後に取られてしまった」と猛省した。

 初回に1失点も、2回に自らの中前適時打で同点に追いついた。勢いに乗りたかったが直後の3回、角中に中前適時打を許し、同点の5回にもまたもや角中に右越え3ランを被弾した。直球が高めに浮き「角中さんへの1球が全てです。気をつけないといけなかった…」と振り返っていた。

 ▼巨人・山本(プロ2試合目の先発出場で2安打。二塁走者だった2回には、小山の適時打で本塁に頭から滑り込んで生還)直球に負けないスイングを心掛けた。(三塁を回ったところで)こけそうになったのでなんとかセーフになって良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月19日のニュース