16Kサイド右腕、東海大北海道・水野 代表入り前進 紅白戦2回零封

[ 2016年6月19日 05:30 ]

紅白戦で2回無失点の好投を見せた東海大北海道・水野

大学日本代表候補合宿紅白戦 紅組4―3白組

(6月18日 バッティングパレス相石スタジアムひらつか)
  第40回日米大学野球選手権(7月12日開幕、神宮ほか)に臨む侍ジャパン大学日本代表候補の選考合宿は18日、2日目が行われた。紅白戦では全日本大学選手権で16奪三振完封し、一躍ドラフト候補に浮上した東海大北海道のサイド右腕・水野が2回無失点。2三振も奪い「緊張したが変化球をうまく使えた」と笑顔を見せた。

 横井人輝監督は「思った通りの投球をしてくれた」と評価し、貴重な変則として代表入りへ前進した。また、巨人が今秋ドラフトの上位候補に挙げた明大の柳は2回を2失点、神奈川大の左腕・浜口は2回1失点。両投手は左右のエースとして期待されており、柳は「どんな時も抑えられる投球をしたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月19日のニュース