メッセ 1点に泣く…金本監督「完璧」称賛も対ソフトB戦5戦5敗

[ 2016年6月19日 05:30 ]

<神・ソ>3回、失点したメッセンジャーはベンチに戻る際に悔しがる

交流戦 阪神0―1ソフトバンク

(6月18日 甲子園)
 黒星が付くには、あまりに酷な内容だった。先発した阪神・メッセンジャーは立ち上がりから気迫溢れる投球で相手打線に真っ向勝負を挑んで8回1失点の好投も、味方の援護に恵まれなかった。

 「結果が負けなので、イライラしてますけど。打たれたのも単打4本。自分としては、納得のいく投球だったと思う」

 唯一、悔やんだのは3回だ。先頭鶴岡の中前打と犠打で1死二塁から投手の千賀に中前に運ばれて一、三塁。次打者・今宮にカウント1ボール1ストライクから一塁側にセーフティースクイズを敢行され、捕手岡崎にグラブトスを試みたが、ゴロとなって三塁方向にそれ(記録は犠打野選)結果的に決勝点となる先制点を献上した。

 「(スクイズは)頭の中にはあったけど、良いところに転がった。あの1点で負けたのは残念」

 なお1死二、三塁と一気に飲み込まれそうな窮地では城所をカーブで見逃し三振に斬り、その後、満塁としながら内川を遊ゴロと追加点だけは与えなかった。相手先発・千賀の快投に負けず劣らず、4回以降は、ほぼ完ぺきな内容で緊迫の投手戦を熱演。最後のイニングとなった8回も2死から柳田を内角への152キロ直球で見逃し三振に仕留めるなど中軸3人は完璧に抑えた。

 3回の第1打席で中前にチーム初安打を放つなど、投打で躍動した姿に金本監督も敗戦の中で「完ぺきだったね」と称賛を忘れなかった。

 試合前まで9勝2敗の好相性を誇ってきた土曜日のデーゲームで、好投むなしく敗戦。ソフトバンクは通算5戦5敗となり、またしても壁を破ることはできなかった。

 「残念な形になったが、自分としてはやることはやった」

 試合後はフラストレーションを必死に抑え前を向いた。今季の交流戦は3試合登板で2勝(1敗)し計22イニングで2失点。チームにとって右のエースの描く上昇曲線は何より、心強い。苦い思いを力に変え、再開されるリーグ戦で白星を量産していく。 (遠藤 礼)

 ▼阪神・香田投手コーチ(メッセンジャーについて)失点した後は粘って彼らしい投球だった。ソフトバンクを4安打に抑えてくれたんだから。責めるところはない。

 ▼阪神・岡崎(メッセンジャーと9試合目のコンビを組み)僕が今年受けた中で一番良かった。ソフトバンク相手で気合も入っていたので勝たせてあげたかった。

 ≪前回もメッセンジャー≫阪神は今季4度目の零敗。過去3度は敵地で甲子園では初めて。甲子園でのスコア0―1敗戦は14年9月30日DeNA戦で山口に完封されて以来になるが、この時の先発もメッセンジャーだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月19日のニュース