Honda熊本 初戦は日本新薬 都市対抗組み合わせ決定

[ 2016年6月19日 05:30 ]

Honda熊本・岡野監督(左)は日本新薬・岩橋監督と健闘を誓い合う

 第87回都市対抗野球大会(7月15日から12日間・東京ドーム、毎日新聞社主催、スポニチ後援)の組み合わせ抽選会が18日、都内で行われた。4月の熊本地震を乗り越えて2年ぶりに出場するHonda熊本は、第3日の第1試合で日本新薬と対戦。

 就任1年目の岡野武志監督は「相手は(3月の)スポニチ大会優勝の強豪なので、チャレンジャーとして頑張りたい」と力を込めた。

 熊本地震では選手の勤務する熊本製作所も大きな被害を受け、地震直後は車中泊を強いられた選手もいた。4月下旬に練習を再開してからは、合間を縫って大津町で物資の仕分けなどのボランティアを行い、地元の人々とともに復興への道を歩んでいる。指揮官は「Honda熊本らしい全力プレーを見てほしい。一試合でも多くの試合ができるように」と、被災地に勇気を与えることを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月19日のニュース