巨人が連敗ストップ、救援陣無失点リレー ロッテ7連勝で止まる

[ 2016年6月19日 17:18 ]

<巨・ロ>1回無死一、二塁、 坂本が右翼へ適時二塁打を放つ
Photo By スポニチ

交流戦 巨人5―1ロッテ

(6月19日 東京D)
 巨人が初回からリードを奪い、連敗を2で止めた。

 1回無死一、二塁から坂本の適時右二塁打で先制すると、続く長野と阿部が連続適時打して3点を奪った。8回には2点追加しリードを広げた。先発高木は3回で2安打1失点で降板するも、リリーフ陣が無失点リレーでロッテ打線を封じ込めた。

 ロッテは、先発の唐川がピリッとせず1回4安打3失点と試合を作れなかった。打線は、3回に角中の左犠飛で1点返し、9回に2死満塁としたが好機を生かせず連勝が7でストップした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月19日のニュース