楽天・梨田監督に疲労感「12点取って勝てないのはね…」

[ 2016年5月15日 09:00 ]

<ロ・楽>10回、先頭の角中に四球を与えてしまう松井裕

パ・リーグ 楽天12―13ロッテ

(5月14日 QVCマリン)
 楽天打線が昨年7月以来の18安打で12点を奪っても負けた。ノーガードの打ち合いに敗れた楽天・梨田監督は「12点を取って勝てないのはね…。途中は主導権を握ったのに」と疲労感をにじませた。

 2回に一挙4得点で同点とし、そこから5イニング連続得点。だが投手陣が踏ん張れず、3点リードの6回に勝ちパターンの福山を投入も簡単に同点とされた。9回から制球難に苦しむ松井裕が7番手で登板。何とか無失点に抑えたが、10回に井口にサヨナラ打を浴びた。昨季63試合で33セーブ、防御率0・87だった左腕が、今季は18試合で0勝2敗、防御率6・00。「(10回は)先頭の四球が痛かった。明日(15日)もあるので反省したい」と必死に前を向いた。

 星野仙一球団副会長も観戦した試合で、ストレスだけがたまる敗戦。梨田監督は「こういう試合は勝たなければいけないね」と声を絞り出した。 (山田 忠範)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月15日のニュース