中日 救援陣が得点許さずドローに持ち込むも「長いね…」

[ 2016年5月15日 20:26 ]

9回に登板し1イニングを無失点に抑えた中日・田島

セ・リーグ 中日3―3広島

(5月15日 ナゴヤD)
 中日は救援陣が得点を許さずに、引き分けた。谷繁監督は「粘り強くみんな投げてくれた」とたたえた。

 同点で迎えた9回、3番手の田島が1死一、二塁から田中に右前打を浴びたが、平田の好返球で本塁タッチアウトに。クロスプレーはきわどいタイミングで最初、セーフと判定されたが、検証の結果、アウトに変更された。

 一方で、打線は好機に打てなかった。指揮官は「(試合が)長いね…。もう1本が打てるように練習して、準備していかないと」と疲労の色をにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月15日のニュース