慶大 郡司 神宮デビュー 仙台育英で昨夏甲子園準優勝「今は我慢の時」

[ 2016年5月15日 15:46 ]

東京六大学春季リーグ戦 慶大4─6立大

(5月15日 神宮)
 慶大の郡司裕也捕手(1年、仙台育英)が9回にマスクをかぶり出場、リーグ戦デビューを果たした。

 昨夏甲子園で準優勝し、U18日本代表にも選出された。「チームは負けてしまったけれど、個人的にはまずは試合に出られて良かった。慶応のユニホームを着て試合に出て、重みを感じました」と振り返った。

 1年生だけに授業が優先のため「今は我慢の時です。しっかり力をためて、六大学を代表する選手になりたい」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月15日のニュース