筒香 岩貞撃ちV11号 弾丸ライナーで今永を援護「打った瞬間」

[ 2016年5月15日 05:30 ]

<D・神>2回無死、右越えソロを放つDeNA・筒香

セ・リーグ DeNA3―1阪神

(5月14日 横浜)
 DeNA・筒香が決勝点となる11号ソロを放った。

 「打った瞬間に行くかなと思った。先制点となってよかった」。0―0の2回に先頭で打席に立つと、岩貞が内角に投じたシュートを、ライナーで右中間席に叩き込んだ。今永を援護する一発となり、ラミレス監督も「3ボール1ストライクからストライクゾーンの球を見事に捉えた。大きな先制点。4番の仕事をしてくれたね」と称えた。

 ▼DeNA・桑原(2回2死満塁から左前に2点適時打を放ち)今永が四球でつないでくれた。絶対に(走者を)還してやろうという気持ちだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月15日のニュース