青木 ベース踏み忘れで明暗「打球を目で追いすぎた」

[ 2016年5月15日 05:30 ]

<マリナーズ・エンゼルス>3回、三塁打を放ち、頭から滑り込む青木(AP)

ア・リーグ マリナーズ6―7エンゼルス

(5月13日 シアトル)
 マリナーズ・青木の走塁ミスが試合の明暗を分けた。

 1点差に迫られた8回。先頭打者として四球で出塁し、1死後にカノが左中間二塁打。青木は一気に本塁を狙ったが、二塁ベースを踏み忘れて戻ったため三塁までしか行けなかった。後続が倒れて無得点に終わり、直後の9回に逆転されて最大4点リードした試合を落とした。打撃では5試合連続安打となる左中間三塁打を放ったが「明らかに踏んでいないのは感触で分かった。打球を目で追いすぎた」と猛省した。 (小林由加通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月15日のニュース