ナショナルズ ハーパーは1試合出場停止…歓喜の輪の中、球審を指差し罵声

[ 2016年5月15日 09:30 ]

ナショナルズのブライス・ハーパー外野手 (AP)

 大リーグ機構から1試合の出場停止処分と罰金を科されたナショナルズのブライス・ハーパー外野手(23)が14日、この処分に対する異議申し立てを取り下げた。

 ハーパーは9日のタイガース戦で9回に投球の判定に抗議し、球審から退場処分を言い渡されたが、直後にナショナルズはロビンソンのソロ本塁打でサヨナラ勝ち。ハーパーはロッカールームからグラウンドへと飛び出し、歓喜の輪の中に加わると、球審を指差しながら罵声を浴びせたとされている。

 この一連の行動に問題があったとして、大リーグ機構は11日にハーパーへ処分を科したが、同選手が異議を申し立てていた。球団発表によると、出場停止処分の対象となる試合は14日(日本時間15日)に行われるマーリンズとのダブルヘッダー第2試合とのこと。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月15日のニュース