9失点降板の松坂、今後のスケジュールは白紙に

[ 2016年5月15日 08:16 ]

<広・ソ>2回途中で降板するソフトバンク・松坂

ウエスタン・リーグ ソフトバンク5―18広島

(5月14日 マツダ)
 ソフトバンク・松坂がウエスタン・リーグ広島戦(マツダ)に先発したが、「指の抑えが利かない」として2回途中9失点で降板。

 倉野投手総合巡回コーチは「(指に)力が入りにくいみたい。(故障では)ないと思うけど、術後の選手だし(右肩と)無関係とは言い切れない。肩の経過は様子を見る」とし、次回以降の登板スケジュールが白紙となった。2軍戦先発は4度目。2回1死で岩本を三振に仕留めた際、右手を気にするしぐさを見せて交代。早ければ交流戦中の1軍昇格も期待されていたが、計画は大幅にずれ込むことになりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月15日のニュース