巨人・桜井、捕手を座らせ20球「腕を振る感覚を確かめた」

[ 2016年5月15日 14:33 ]

 右肘に違和感を訴えて2軍調整中の巨人のドラフト1位ルーキー・桜井が、戦列を離脱して以来初めてブルペンで捕手を座らせた。

 前日に続いて2日連続の投球練習で、直球のみ20球。「自然と腕を振れる感覚を確かめました。いい感じできています」と充実感をにじませた。

 17日以降に再びブルペン入りし変化球を投じる予定で、6月中の1軍復帰を目指す。患部については「違和感はもうないです。大丈夫です」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年5月15日のニュース