楽天 釜田 突然乱れた「情けない 体が言うことを聞かなくなり…」

[ 2016年5月15日 18:08 ]

6回裏2死満塁からロッテ・鈴木に押し出し四球を与えた楽天・釜田

パ・リーグ 楽天8―9ロッテ

(5月15日 QVCマリン)
 楽天の先発・釜田は5回2/3を5失点でまたもや白星を逃した。

 5回までは角中のソロによる1失点のみと快投を続けていたが、6回2死走者なしからデスパイネに中前打を許すと、突如として乱れた。角中、ナバーロ、鈴木に3連続四球で降板。「情けないです…。体が言うことを聞かなくなり、ストライクが入りませんでした」とうつむいた。

 後を継いだ横山、浜矢も踏ん張れず、細谷に逆転満塁本塁打を浴びるなどこの回、7失点。梨田監督は「6回の7点は2死からだからね。想定外」と困り顔。2試合連続で大量失点した救援陣に「てこ入れの良い方法があれば教えて欲しい」と嘆いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月15日のニュース