西武 また“守乱”2戦計7失策 田辺監督苦言「無駄な失点が…」

[ 2016年5月15日 05:30 ]

<日・西>2回、投手交代を告げる田辺監督

パ・リーグ 西武3―7日本ハム

(5月14日 札幌D)
 西武はまたしても守備の乱れが相次いだ。

 2回と8回の一塁手・メヒアの悪送球はともに失点につながり、6回には三塁手・木村昇が捕球ミス。9回にミスを連発して逆転サヨナラ負けを喫した前日と合わせて2試合7失策で、田辺監督も「無駄な失点が多すぎる」と苦言を呈した。「守乱」がチーム低迷の原因となっており、奈良原内野守備走塁コーチも「しっかり守ってくれないと勝ちゲームを拾えない」と頭を抱えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月15日のニュース