菊池「ワクワクしていた」 シニアの先輩・岩隈討ち、3安打

[ 2014年11月15日 05:30 ]

<大リーグ選抜・侍ジャパン>4回2死一、三塁、左前適時打を放つ菊池

日米野球第2戦 侍ジャパン8―4大リーグ選抜

(11月14日 東京D)
 決して守りだけの男ではない。侍ジャパンの菊池がバットでも魅了した。

 4回2死一、三塁で、岩隈の115キロのカーブに「うまく反応できました」と、泳ぎながらも左前に運ぶ適時打。6回2死三塁でも右前打を放つなど、計3安打2打点の活躍だ。

 「岩隈さんはシニアの先輩なんです。元気のいいところを見せたかったし、ワクワクしていた」。東京・東大和リトルシニアの8学年先輩。大会に入ってから直接あいさつに出向くと、「あ、そうなんだ!」と盛り上がったという。その岩隈から2安打。「打ててうれしい」と喜んだ。

 12日の第1戦(京セラドーム)では、守備範囲の広さなどをジョン・ファレル監督らに絶賛された。バットを持っても高い能力を発揮。長打も打てる1番・柳田と2人で6安打6打点。小久保監督が思い描く、侍ジャパンの攻撃パターンの一つである1、2番コンビとして存分に機能した。

 「シーズン中と変わらない。シーズン中のことを、できるだけ続けたい」と菊池。メジャー相手でも普段通りのプレーで、これからも攻守で存在感を見せつける。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年11月15日のニュース