侍4番中田 やっと初安打 岩隈から「フォークがえぐかった」

[ 2014年11月15日 05:30 ]

<大リーグ選抜・侍ジャパン>3回1死、中田は中前打を放つ

日米野球第2戦 侍ジャパン8―4大リーグ選抜

(11月14日 東京D)
 侍ジャパンの4番・中田にようやく初安打が出た。1点リードの3回1死、岩隈の内角への138キロを詰まりながらも中前へ運び「岩隈さんの印象は変わらないけど、フォークがえぐかった」と振り返った。

 第1戦は無安打。昨年11月の台湾との強化試合でも全3試合で4番を務めたが、13打数2安打で本塁打も打点もなかった。雪辱に燃えていた主砲は「ヒットはしょぼかったけど、(結果は)良かったね」と2連勝に笑顔だった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年11月15日のニュース