オリックス1位の明大・山崎 森脇監督の前で3安打7奪三振「ブルペン通り」

[ 2014年11月15日 17:22 ]

<明大・徳山大>明大先発の山崎

明治神宮野球大会第2日準々決勝 明大9―0徳山大

(11月15日 神宮)
 明大・山崎が1位指名されたオリックスの森脇監督が観戦する前で先発5回を3安打無失点、7奪三振と無難に投げた。

 明大は昨年準優勝。エース山崎は「負けられない戦いだし、自分にとってもチームにとってもいい形で初回を抑えられた。直球も変化球も低めに行きブルペン通りの投球ができた」と話した。

 森脇監督は「しっかりボールをコントロールしていた」と満足そうだった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年11月15日のニュース