DeNA オリックス戦力外の東野獲得を発表 第3子誕生前に朗報

[ 2014年11月15日 14:53 ]

トライアウトで力投したオリックス・東野

 DeNAは15日、オリックスを戦力外となった東野峻投手(28)の獲得を発表した。

 東野は9日の12球団合同トライアウトに参加。DeNAは以前から東野を補強リストに入れており、トライアウトでの投球で獲得する方針を固めていた。

 東野は04年に鉾田一からドラフト7巡目で巨人に入団。下位指名ながらスライダーを武器に頭角を現し、6年目の10年に自己最多の13勝を挙げ、翌11年には開幕投手を務めた。順風満帆に見えたが、未勝利に終わった12年オフにオリックスにトレード移籍。2年目の今季は1軍登板すらなかった。

 10月28日に戦力外通告を受けた。4歳の長男、2歳の長女がおり12月には第3子が生まれる予定。「家族を路頭に迷わせるわけにはいかない」と引退も考えた。親よりも先に電話をかけて相談した相手はかつて巨人で開幕投手の座を争ったこともある内海だった。先輩左腕から「まだまだできる。絶対やめるな」と激励され、妻・杏奈さんからも「自分の好きなようにやったら」と背中を押され、トライアウト挑戦を決意。家族3人はスタンドで観戦していた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年11月15日のニュース