渡辺俊介 メジャー目指しベネズエラのWリーグに参加

[ 2014年11月15日 14:28 ]

ベネズエラのウインターリーグに参加することになった渡辺俊介

 元ロッテの渡辺俊介投手(38)が14日、ベネズエラのレオネス・デル・カラカスと契約し、ウインターリーグに参加することを発表した。

 自身のブログで報告したもので「初めての南米 スペイン語、、、不安と好奇心を抱えて行ってきます!!」とつづり、ヒューストンでの8時間の乗り換えの間に「メジャーリーグの選手からマイナーリーグ、他国リーグの選手までメジャーリーグスカウトへのアピールを最大の理由としています。私の契約したチームには野茂さんが過去に1シーズン、大昔にはボビー・バレンタインも参加していました。各国のプレイオフを勝ち抜くと1月には各国代表で戦うカリビアン シリーズがあり、とても盛り上がるそうです」とウインターリーグに参加する理由を説明していた。

 渡辺は今季、米独立リーグのアトランティック・リーグ、ランカスターでプレーし。オフ返上でベネズエラなどで行われるウインターリーグに参戦し、招待選手として来春メジャーキャンプへの参加を目指すことを表明していた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年11月15日のニュース