日本 台湾に逆転勝ち 21Uワールドカップ

[ 2014年11月15日 17:58 ]

 野球の第1回21U(21歳以下)ワールドカップ(W杯)は15日、台湾の台中で行われ、2次リーグ最終戦でプロ、アマ混成の日本は6―2で台湾に逆転勝ちした。16日の決勝で再び台湾と顔を合わせる。

 日本は四回に2点を先行されたものの、六回に辻(巨人)の適時打などで追い付き、七回に鈴木(広島)の2点三塁打などで5―2と勝ち越した。九回にも1点を追加、4人の継投で最後は山岡(東京ガス)が1回を三者凡退で締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月15日のニュース