JR東日本8強進出!広島ドラ6飯田が3回2/3完全救援

[ 2014年11月7日 05:30 ]

<ヤマハ・JR東日本>6回途中から登板し好投するJR東日本・飯田

スポニチ後援第40回社会人野球日本選手権第6日・3回戦 JR東日本1―0ヤマハ

(11月6日 京セラドーム)
 JR東日本は広島のドラフト6位左腕・飯田が、8強進出一番乗りの立役者となった。

 1―0の6回無死二塁から登板し、3回2/3を完全救援。チェンジアップとカットボールをコーナーに決めて5三振を奪い「落ち着いて投げられた」と胸を張った。オリックスのドラフト7位・西野は「2番・二塁」で先発出場し、4打数1安打。「社会人最後の大会なので最低でも5試合。最高で5試合」と決勝進出を見据えた。

 ▼ヤマハ・竹下(ヤクルトがドラフト1位指名。8回から2イニング無失点)プロでも自信を持って投げたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年11月7日のニュース