GG賞パ喜びの声 オリ金子「一度は獲りたいと思っていた賞」

[ 2014年11月7日 05:30 ]

三井ゴールデングラブ賞

(11月6日)
 【ゴールデングラブ賞 パ・リーグ喜びの声】

 ▼オリックス・金子 一度は獲りたいと思っていた賞なので、受賞することができて素直にうれしい。選んでいただいたことに感謝しています。

 ▼オリックス・伊藤 今年はこの賞を個人的な目標の一つに臨んだシーズンだったし、素直にうれしい。受賞できたことを一つの自信とし、日々精進していきたい。

 ▼オリックス・T―岡田 頂けるとは思っていなかったので、びっくりしている。まだまだな部分がたくさんあるので、受賞者にふさわしい選手になっていけるよう頑張っていきたい。

 ▼楽天・藤田 現役でいる限りはずっと狙っていきたい賞なので、2年連続で頂いたことを自信にして、さらにチームの勝利に貢献していきたい。

 ▼ソフトバンク・松田 ケガもあり、サードを守る試合数は少なかったけど、選んでいただき、うれしく思う。守備に関しては年々上達していると思うし、自信を持ってできている。

 ▼ソフトバンク・今宮 これを獲るためにやっているので、凄くうれしい。小フライだったり、後ろの打球の判断に関しては、今年は凄く良かった。

 ▼日本ハム・陽岱鋼 毎年獲れるようにいい準備をしたい。守りにスランプはない。キャンプから肩の状態が悪かったが、守備位置とかを考えながらやってきた。

 ▼ソフトバンク・柳田 自分ではしょぼいと思っている。もっともっとうまくならないと恥ずかしい。でも、この賞は一生の宝物にします。

 ▼オリックス・糸井 毎シーズン目標にしている賞ですし、今年も受賞することができて本当にうれしい。光栄です。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月7日のニュース