元巨人のキャプラー氏がド軍ファームディレクターに就任

[ 2014年11月7日 19:46 ]

 ドジャースは6日、元巨人のゲーブ・キャプラー氏(39)のファームディレクター就任を発表した。

 キャプラー氏は95年に57巡目(全体1487位)でタイガースにドラフトされ、98年にメジャーデビュー。以降、11年に引退するまでメジャー計6球団を渡り歩き、05年には巨人でもプレーしていた。

 引退後はテレビの解説者として活躍していたキャプラー氏だが、09年から2年間在籍していたレイズ時代のGMアンドリュー・フリードマンが10月にドジャースの編成部門取締役に就任。そのことがキャプラー氏をドジャースのフロント職へと導いたのだろうと現地メディアは伝えている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月7日のニュース