鳥谷メジャー挑戦に追い風 有力二遊間契約延長でFA市場手薄に

[ 2014年11月7日 06:00 ]

極秘渡米していることがわかった鳥谷

 今オフのFA市場で二遊間は手薄となっている。最大の注目株は9年連続2桁本塁打の遊撃手ラミレス(ドジャース)だが、近年は故障が多く12年には三塁で98試合に出場するなど、三塁手として評価する声も多い。

 2番手はキューバから亡命し、未知数の部分もある二塁手フェルナンデス。そこに次ぐ二遊間を守れるローリー(アスレチックス)は、100試合以上の出場経験はここ2年間しかなく、実績面から不動のレギュラーとしては期待できないレベルだ。ハーディ(オリオールズ)、ゾブリスト(レイズ)らFAを控えた有力二遊間が契約延長したことで、売り手市場に。韓国・ネクセンからポスティング移籍が噂される遊撃手の姜正浩(カン・ジョンホ)も動向が注目されている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月7日のニュース