都市対抗覇者・西濃運輸 貫禄の初戦突破!新人山下が完封

[ 2014年11月7日 05:30 ]

<茨城ゴールデンゴールズ・西濃運輸>茨城ゴールデンゴールズ打線を相手に7安打完封勝利の西濃運輸・山下

スポニチ後援第40回社会人野球日本選手権第6日・2回戦 西濃運輸4―0茨城ゴールデンゴールズ

(11月6日 京セラドーム)
 2回戦2試合と3回戦1試合が行われ、2回戦では今夏の都市対抗大会を制した西濃運輸(岐阜)が、全日本クラブ選手権覇者の茨城ゴールデンゴールズ(茨城)を4―0で下した。三菱重工名古屋(愛知)はニチダイ(京都)に2―1で競り勝ち、3回戦ではJR東日本(東京)がヤマハ(静岡)を1―0で下し、ベスト8進出を一番乗りで決めた。

 都市対抗大会覇者の西濃運輸は危なげなく初戦を突破した。先発に抜てきされた常葉大出身の新人、山下が7安打完封し「不安だったが楽しかった」と充実感をにじませた。最速149キロの右腕は入社後、自慢のストレートの球速よりも制球を重視するようになったという。この日は1四球で三塁も踏ませず「他の投手を楽にしようと思ったのでよかった」と誇らしげに言った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月7日のニュース