21U平田監督が世界一宣言 阪神元同僚と再会し闘志

[ 2014年11月7日 05:30 ]

台湾ギャルの登場に笑顔がこぼれる平田監督(左)

 「第1回IBAF 21U(21歳以下)ワールドカップ」(台湾・台中)が、7日、開幕する。

 台中市内のホテルで記者会見が行われ、初代王者を目指す侍ジャパン21Uの平田監督は阪神での現役時代にチームメートだった開催国・台湾の郭李建夫(カクリ・タテオ)監督と再会。「台湾は投手がいいし、決勝で当たればいい。選手には“世界一になるぞ”と言った」と語った。

 7日の初戦はオーストラリアと対戦し、中村(日本ハム)が先発する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月7日のニュース