リンスカムは「チームにとって必要」 G軍指揮官が先発復帰明言

[ 2014年11月7日 15:54 ]

ジャイアンツのブルース・ボウチー監督 (AP)

 ジャイアンツのブルース・ボウチー監督は6日、地元サンフランシスコの記者に対してシーズン途中から不調に陥り、リリーフへの降格を余儀なくされたティム・リンスカム投手を来季、先発ローテーションに戻すと語った。

 これはジャイアンツの番記者が自身のツイッターで明らかにしたもので、ボウチー監督は「彼をローテーションに戻すつもりで、そうすることがチームにとって必要だと断言できる」とリンスカムを来季は先発で起用すると明言したそうだ。

 リンスカムは今季、開幕から先発ローテションの一角を担い、6月25日のパドレス戦では昨年に続いて2年連続で自身2度目のノーヒットノーランを達成。しかし、夏場から不調に陥ったリンスカムはその後、リリーフでの登板が多くなり、ロイヤルズとのワールドシリーズでも先発ではなく、リリーフで1試合のみの登板に留まった。

 まだ年齢は30歳。指揮官の期待に応えるためにも、過去にサイヤング賞2回、最多奪三振3回の意地を見せてもらいたいところだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月7日のニュース