阪神07年ドラ1白仁田とオリドラ3桑原のトレード成立を発表

[ 2014年11月7日 17:08 ]

阪神の白仁田

 オリックス・桑原謙太朗投手(29)と阪神・白仁田寛和投手(29)の1対1の交換トレードが成立し、両球団から発表された。先発と中継ぎをこなせる投手を求めた阪神と、先発の頭数を増やしたかったオリックスとの思惑が合致した。

 白仁田は07年大学・社会人ドラフト1巡目で阪神に入団し、昨年9月3日のDeNA戦でプロ初勝利。7年目の今季は1軍登板がなかったが、昨年にウエスタン・リーグで最優秀防御率、最高勝率の2冠を獲得しており、オリックスはその潜在能力に期待をかけた。

 白仁田は球団を通じ「7年間のタイガース在籍中、たくさんの方々にお世話になりました。タイガースの監督、コーチ、選手、スタッフの方々すべてに感謝したいと思います。わずかに1勝しかできず、申し訳ない気持ちと悔しさでいっぱいですが、オリックスではチームの勝利に貢献でき るように頑張りたいと思います。オリックスはピッチングスタッフが充実している印象ですが、何としてもその一角に割って入りたいと思います。最後になりましたが、タイガースファンの皆さん、7年間本当にありがとうございました」とコメント。

 桑原は07年大学・社会人ドラフト3巡目で横浜に入団。白仁田とはドラフト同期生で、ともに29歳右腕。DeNAからオリックスに移籍した11年以降は救援で起用され、今季は1軍で4試合に登板。阪神は右の救援陣である安藤が来季38歳、福原が39歳シーズンを迎えることもあり、両球団の思惑が一致した。

 桑原は「4年間お世話になりました球団、応援してくださったオリックスファンのみなさんには感謝の気持ちしかありません。新天地では、チームの力になれるように一生懸命がんばっていきたいと思います」と球団を通じてコメントを発表した。

 ◆白仁田 寛和(しらにた・ひろかず)1985年(昭60)10月2日、福岡県生まれの29歳。糸島高では甲子園出場なし。福岡大に進み3、4年春にベストナイン。07年大学、社会人ドラフト1巡目で阪神入団。通算6試合1勝0敗、防御率3・00。1メートル89、86キロ。右投げ右打ち。

 ◆桑原 謙太朗(くわはら・けんたろう)1985年(昭60)10月29日、三重県生まれの29歳。津田学園、奈良産大を経て07年大学・社会人ドラフト3巡目で横浜入団。10年オフにオリックスへトレード。通算81試合4勝8敗、防御率4・18。1メートル83、85キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月7日のニュース