Gグラブ賞 世界一ジャイアンツから選出なし ロイヤルズから3人

[ 2014年11月5日 10:38 ]

 大リーグは4日、守備のベストナインに相当するゴールドグラブ賞の受賞者を発表。ア・リーグの覇者を争ったロイヤルズとオリオールズから最多の3人が選ばれたが、ワールドシリーズ覇者のジャイアンツからの選出はなかった。

 また、12日から行われる日米野球に参加する選手からは捕手のペレス(ロイヤルズ)、中堅手のジョーンズ(オリオールズ)が名前を連ねている。

 監督、コーチらの投票により選出し、昨年からは米国野球学会(SABR)の分析データも反映された。

 日本選手の選出はなかった。

 【ア・リーグ】
投手 カイケル(アストロズ)初
捕手 ペレス(ロイヤルズ)2回目
一塁手 ホスマー(ロイヤルズ)2回目
二塁手 ペドロイア(レッドソックス)4回目
三塁手 シーガー(マリナーズ)初
遊撃手 ハーディ(オリオールズ)3回目
左翼手 ゴードン(ロイヤルズ)4回目
中堅手 ジョーンズ(オリオールズ)4回目
右翼手 マーカーキス(オリオールズ)2回目

【ナ・リーグ】
投手 グリンキー(ドジャース)初
捕手 モリーナ(カージナルス)7回目
一塁手 ゴンザレス(ドジャース)4回目
二塁手 ラメーヒュー(ロッキーズ)初
三塁手 アレナド(ロッキーズ)2回目
遊撃手 シモンズ(ブレーブス)2回目
左翼手 イエリチ(マーリンズ)初
中堅手 レガレス(メッツ)初
右翼手 ヘイワード(ブレーブス)2回目

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年11月5日のニュース