早大・茂木 最終戦で首位打者決めた!規定打席ギリギリ到達

[ 2014年11月5日 05:30 ]

首位打者の早大・茂木(左)と最優秀防御率の明大・上原

東京六大学野球最終週最終日 早大9―0慶大

(11月4日 神宮)
 早大の茂木は最終戦で規定打席数の37にちょうど届き、同僚の小野田、重信との争いを制して首位打者に輝いた。

 同学年の重信が初回に安打を放ち「みんなが重信を応援する雰囲気になったので、負けたくないと思った」と4安打の固め打ちで締めくくった。今夏の大学日本代表に選ばれた小柄な好打者は、左太腿の故障で東大とのカードを欠場した。最終学年で迎える来季に向け「フルイニング出場して、守備でも貢献していきたい」とさらなる飛躍を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月5日のニュース