山本昌 来季50歳「9割方引退でしょう」落合GMとの“口約束”で現状維持

[ 2014年11月5日 16:56 ]

現状維持でサインした中日・山本昌

 中日の山本昌投手(49)が5日、契約更改交渉に臨み、現状維持の4000万円でサインした。

 今季は、調整が進まず1軍初登板が9月5日、この試合で史上最年長の勝利記録を作ったが、登板は3試合だった。球界の“レジェンド”は来季、50歳の大台を迎える。先月2日には右目網膜剥離の手術を受け、経過は良好という。

 昨年、契約更改の席上、落合GMから「50(歳)まで頑張れ。給料は変えないから」と、約束したことを明かし、「契約書よりも口約束の方が重かった」と笑顔。来季50歳となることには「9割方引退でしょう」とユニホームを脱ぐ覚悟もあることを口にしたが、「優勝に貢献できれば考えます。すべて結果です」と、成績次第によっては現役続行もあり得るとした。(金額は推定)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年11月5日のニュース