年間200万人が日本に…パ・リーグ 台湾の観光客誘致へ

[ 2014年11月5日 05:30 ]

ブルペン投球を行う日本ハム・大谷

 パ・リーグは台湾の観光客誘致にも乗り出す。

 今週、台湾で開幕する台北国際旅行博(ITF)にもPLM関係者を派遣。日本関連のブースに「出店」し、台湾出身の日本ハム・陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)グッズの展示やクイズなどアトラクションに参加する。年間200万人といわれる日本への観光客を野球観戦に取り込むことが目的。パの本拠地の多くが台湾からの人気観光地と重なることもあり、ツアーに野球観戦を組み入れてもらうように働きかける。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月5日のニュース