「胴上げ見るのは嫌」意地見せた慶大 左腕・三宮が好投

[ 2014年11月4日 05:30 ]

<早大・慶大>7回2/3を1失点の好投を見せた慶大・三宮

東京六大学野球最終週第2日 慶大5―4早大

(11月3日 神宮)
 慶大は前日に優勝の可能性が消滅していたが、最後の意地を見せた。初回に3点を奪うなど終始主導権を握って早大の優勝を阻止。佐藤旭主将も「優勝はなくなったが目の前で早稲田の胴上げを見るのは嫌だった。あした(4日)も勝って引退したい」と話した。

 7回2/3を投げ2失点の好投を見せた3年生左腕の三宮も「真っすぐが良かった。追い込んでから変化球で勝負できた」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月4日のニュース