「井端塾」に奥村入門 年明け自主トレ同行で守備技術伝授

[ 2014年11月4日 05:30 ]

過去の「井端塾」で守備動作をマネする亀井(右)

 巨人・井端がオフに「井端塾」を開講する。高卒1年目の奥村から10月上旬に「入門」を志願され、年明けに熊本で行う自主トレに同行することを快諾。「一緒にやることで何か感じてくれたらいいし、何か気付いたことがあれば言いたい」と、来季でプロ18年目を迎える職人が技術と経験を伝授する。

 奥村は昨夏の甲子園で日大山形の主将として、山形県勢初の4強入りに貢献。今季は新人ながら2軍戦で86試合に出場し打率・212、2本塁打、20打点。二塁と遊撃をこなす期待の若手だ。自主トレは来年1月10日前後から約2週間、無休で敢行。春季キャンプと同様、朝から夕方まで攻守にわたりみっちり鍛錬を積む。奥村は「守備でどういう動きをするのか間近で見たい」と目を輝かせ、井端自身も「来季はまずは開幕スタメンを目標にその土台づくりをやりたい」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月4日のニュース