阪神 和田監督がオーナー報告「充実感よりも悔しさの方が大きい」

[ 2014年11月4日 17:52 ]

オーナー報告を終えた阪神・和田監督

 阪神の和田豊監督は4日、大阪市内の阪神電鉄本社を訪れ、坂井信也オーナーに今季終了を報告した。

 レギュラーシーズンは2年連続の2位となり、クライマックスシリーズを無敗で突破した。しかし、日本シリーズではソフトバンクに1勝4敗で完敗。守備走塁の重要性をあらためて痛感したそうで、既に続投が決まっている指揮官は「充実感よりも悔しさの方が大きい。プラスアルファの力をつけていかないとリーグ優勝、日本一には届かない」と就任4年目の来季へ決意を込めた。

 南信男球団社長は契約期間について「1年、1年になると思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月4日のニュース