日本生命 大隣元女房・有竹が逆転V打「俺も日本一しかない」

[ 2014年11月4日 05:30 ]

<JR西日本・日本生命>8回2死満塁、日本生命の代打・有竹は走者一掃の逆転適時二塁打を放つ

スポニチ後援第40回社会人野球日本選手権2回戦 日本生命5―2JR西日本

(11月3日 京セラドーム)
 日本生命は0―2の8回。1点差とし、なおも2死満塁から代打の切り札・有竹が走者一掃となる逆転の右翼線二塁打を放った。「俺しかおらんやろと思っていましたよ」。

 今年、ソフトバンクを日本一に導いた大隣とは近大時代に同期でバッテリーを組んだ仲。親友は昨年6月に難病の黄色じん帯骨化症の手術を受け、入院直後に見舞いに行った。「野球ができることが当たり前だと思っていたけど、考えが変わった」。闘病を経て復活した大隣の姿に勇気づけられ「俺も日本一しかない」と気合を入れた。

 ▼JR西日本・花本輝雄監督(逆転負けを喫し)まだ力がないということ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月4日のニュース