和田、来季もカブス!年俸4・5億円+出来高の1年再契約

[ 2014年11月4日 05:30 ]

カブスと再契約した和田(AP)

 カブスは3日(日本時間4日未明)、和田毅投手(33)と再契約したと球団の公式ツイッターで発表した。来季は年俸500万ドル(約5億6500万円)の選択権を球団が保有していたが、新たに契約を結び直し、年俸400万ドル(約4億5200万円)の1年契約に200万ドル(約2億2600万円)の出来高払いとなる見込みだ。

 和田は11年オフにソフトバンクからFAとなり、オリオールズに2年契約で移籍。左肘手術を乗り越え、今季はマイナー契約で入団したカブスでメジャー初昇格を果たし、4勝4敗、防御率3・25の成績を残した。「肩、肘に大きなケガがなく、(ローテーションを)飛ばすことなく投げられたのが自信になった」と話す和田に、セオ・エプスタイン編成担当取締役は「非常に優れたシーズンだった。健康ならどういう投球ができるか証明した」と評価していた。

 和田は現在、大リーグ選抜の一員として出場する日米野球(12日開幕)に備えて国内で調整中。カブスの一員として日本のファンの前に凱旋することになる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月4日のニュース