和田所属のカブス マドン新監督が就任会見「素晴らしい挑戦」

[ 2014年11月4日 10:04 ]

記者会見で話すカブスのジョー・マドン新監督(AP)

 米大リーグ、カブスのジョー・マドン新監督(60)が3日、本拠地シカゴで就任記者会見を行い、1908年を最後にワールドシリーズ優勝から遠ざかるチームを指揮することに「素晴らしい挑戦だ。挑戦は好きだし、楽天家なので心配はしていない」と語った。カブスは同日、和田毅投手との契約延長も発表した。

 球団公式サイトによると、マドン氏との契約期間は5年。今季まで指揮したレイズでは9年で4度のプレーオフ進出を成し遂げた同氏は「有能な選手がそろっている。来年のプレーオフ進出を見据えている」と話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月4日のニュース