関大42年ぶり神宮大会切符!OBの阪神・山口コーチも歓喜

[ 2014年11月4日 05:30 ]

 関大(関西学生)が42年ぶり4度目の明治神宮大会(14日開幕)出場を決めた。3日、大阪・南港中央球場で行われた関西地区第1代表決定戦で3―2で奈良学園大(近畿学生)を下した。

 この日は阪神の山口投手コーチ、岩田らOBも観戦。現役時代、通算最多46勝などの連盟記録を持つ山口投手コーチは「技術うんぬんより“とにかく勝ってくれ”と。うれしいね」と笑った。山口を擁して日本一になった72年以来の全国舞台。先発して7回2/3を2失点だった石田も「こんなチャンスはめったにない。喜びをかみしめ、全力を出す」と言い切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月4日のニュース