連投も8回痛恨失点…自らを責める有原「自分の1点がなければ」

[ 2014年11月4日 05:30 ]

<慶大・早大>8回1死一、二塁、小笠原の左前打で生還する二塁走者・梅野を口をあけて見つめる有原(左から2人目)

東京六大学野球最終週第2日 早大4―5慶大

(11月3日 神宮)
 早大ドラ1コンビには痛恨の敗戦となった。王手をかけながらV逸。試合終了後も表情を変えることなく整列に加わった有原は「自分の1点がなければ…。ケガで本来の力を出せず、後輩の力を借りてしまって情けない」と自身を責めた。

 日本ハムから1位指名されたエース右腕は3点ビハインドの5回から救援。今季初の連投は、岡村猛監督から「流れを変えてくれ」と託された。だが、8回1死一、二塁で甘いカーブを左前打され追加点を許した。ロッテから1位指名された中村主将も無安打3三振。「自分の責任。無意識に力が入ったのかも」と涙を浮かべた。優勝は逃したが、まだリーグ戦は終わっていない。指揮官は「何とか勝ち点を取って4年生を卒業させてやりたい」と3回戦での必勝を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月4日のニュース