ノリ、井端は1億円超…減額制限を超える提示で退団した選手

[ 2014年11月4日 05:30 ]

07年1月、1億2000万円減の8000万円の提示に合意せず、オリックス退団が決定した中村

 ☆05年小関(西武) 年俸9500万円から68%減の3000万円の提示を受け退団。一時米球界を目指したが、06年4月に巨人の入団テストを受け4500万円で契約。

 ☆06年中村(オリックス) 2億円から60%減の8000万円の提示に、公傷の見解の相違など溝が埋まらず退団。07年2月に中日の入団テストを受けて育成契約。

 ☆08年門倉(巨人) 7500万円から大幅減額を提示され、交渉が折り合わず退団。カブスとマイナー契約を経て、韓国・SKに入団。

 ☆13年井端(中日) 1億9000万円から80%以上減の3000万円前後を提示され、16年在籍した中日を退団。巨人と4500万円で契約。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月4日のニュース