FA12選手に規定額提示 黒田ら日本選手に提示なし

[ 2014年11月4日 09:07 ]

 米大リーグは3日、フリーエージェント(FA)選手と旧所属球団との独占交渉期間の最終日を迎え、12選手が「クオリファイング・オファー」制度の規定額1530万ドル(約17億5千万円)の1年契約の提示を受けた。ヤンキースからFAの黒田ら日本選手は含まれなかった。

 提示を受けたのは昨季ア・リーグでサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を獲得したシャーザー(タイガース)、今季アの本塁打王に輝いたクルーズ(オリオールズ)ら。選手は1週間以内に提示にサインするかを決めるが、拒否しても旧所属球団との交渉続行は可能。

 提示を受けた選手が他球団へ移籍した場合、旧所属球団には見返りとして移籍先から来年のドラフト会議での指名権が補償される。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月4日のニュース