崇徳 第1シードの前に野村監督Jr散る 観戦の父からエール

[ 2013年7月18日 06:00 ]

広島大会2回戦 崇徳1―5瀬戸内

(7月17日 コカ・コーラウエスト)
 崇徳は大会初日に広島商との強豪対決を制した勢いも第1シードの瀬戸内には通じなかった。

 1点を先制しながら、初、2回に失策が絡み計3失点。初戦は5打数無安打で「次は打って勝利に貢献したい」と意気込んでいた主将の野村颯一郎(そういちろう)も、3打数1安打で得点に絡めなかった。

 父の広島・野村謙二郎監督は外野席で観戦。長男に向けて「3年間やったことを褒めてあげたい。悔しいと思うけど、この先、人生こういうことばかり。糧にして頑張ってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月18日のニュース