マギー発案で児童福祉支援 Kスタに100人招待、Tシャツ販売

[ 2013年7月18日 18:56 ]

 楽天は18日、マギーの発案による児童福祉支援プロジェクトの発足を発表した。9月8日の日本ハム戦(Kスタ宮城)に小児医療機関などから約100人を招待。またTシャツを販売し、収益の全額を寄付する。

 14日の試合前に宮城県立こども病院の子どもたち約10人とマギーが交流したことがきっかけとなった。米大リーグ時代にも同様の支援に意欲的だったマギーは球団を通じ「このような機会を与えていただき、心から感謝しています。少しでも力になれるよう、全力でプレーしていきます」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月18日のニュース