ソフト故障者続出で2年連続借金ターン 緊急補強も示唆

[ 2013年7月18日 06:00 ]

<ロ・ソ>5回無死二塁、鈴木に右前安打を打たれた岩崎(中央)は降板となる

プロ野球 パ・リーグ ソフトバンク3-7ロッテ

(7月17日 QVC)
 ソフトバンクは投壊と守乱で完敗。昨季に続き、2年連続の借金ターンとなった秋山監督は試合後のミーティングで「もう一回、プロに入った時の気持ちを思い出してやれば、いい結果が出る」と選手に言い聞かせた。

 だが、本多は左腰背部痛、ファルケンボーグは首から背中にかけての痛みでリタイア。ペーニャも右膝手術が決まるなど、故障者が続出する事態に陥っており、球団幹部は「あらゆる可能性を探っている」と話し、今月の支配下登録期限までに緊急補強を行う可能性も出てきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月18日のニュース