3回から好救援 補強選手の相原7回零封

[ 2013年7月18日 06:00 ]

<日本製紙石巻・信越硬式野球クラブ>3回から救援し、無失点で最後を締めた日本製紙石巻2番手・相原(右)は森とグラブタッチで喜ぶ

第84回都市対抗野球1回戦  日本製紙石巻7―3信越硬式野球クラブ

(7月17日 東京ドーム)
 日本製紙石巻は、七十七銀行からの補強選手・相原が逆転した直後の3回から登板。7回無失点の好救援で勝利に大きく貢献した。

 仙台市出身で石巻をよく知る左腕は「いつもと違うユニホームで変な緊張感があった」というものの、落ち着いたマウンドさばきを披露。「自分がメンバーに入ることで、ベンチから外れた選手もいる。ふがいない投球を見せられないですから」と安どの表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月18日のニュース