天敵・金子に零敗 星野監督「1点でも取らないとダメ」

[ 2013年7月18日 06:00 ]

<オ・楽>星野監督はオリックスにリードを許し頭を抑える

プロ野球 パ・リーグ 楽天0-3オリックス

(7月17日 京セラD)
 楽天は天敵・金子に打線が沈黙した。5月4日の対戦(Kスタ宮城)では7回までに4点を奪って5年越しの連敗を11で止めたが、今度はわずか3安打で完封された。

 2点を追う2回無死二、三塁で無得点に終わったことに、星野監督は「1点でも取らないとダメ」と苦言を呈した。一方で来日初登板で4回からの3イニングを無失点に抑えた新外国人のレイについては「戦力になる」と評価。3連勝はならなかったが、前半戦は貯金12の首位で終了。試合後のミーティングで指揮官は「(球宴休みで)しっかり体調を整えるように」と話し、勝負の後半戦を見据えた。

 ▼楽天・レイ(来日初登板で4回からの3イニングを2安打無失点)低めに球を集めた。結果には満足している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年7月18日のニュース